高円寺・美容室・カット おすすめ

高円寺の美容室STYLESはこんな人におすすめです。

  • デザインとしっかりとした技術を求めている方。
  • 自分のスタイルを持っている、探している方。
  • ゆったりとした空間を求めている方。
  • 自然派志向のある方。

自分に似合う髪型がわからない!?という悩み

洋服はすぐに着替えられるし、トライ&エラーで見つけやすいもの。
ヘアスタイルは伸びるまで時間がかかるし、次のヘアスタイルの影響を考えるとなかなか変えられない。

まず、「似合う」とは主観的に自分が見て感じることと第3者が思い感じる客観的な見方があります。
このヘアスタイルが好き、嫌いという主観的な感想と第3者が思う「似合ってるね」は必ずしも一致しないと思います。
お客様と美容師さんが同じものを見て、「かわいい」「キレイ」「似合ってる」と思えることが最高の状態。
ところが、世代の違い、価値観の違い、などのモノをどう見ているか?という違いや自分はこう見られたい、などの思いがあるので、最終的に出来上がったヘアスタイルでお客様と美容師さんで「かわいい」「似合っている」の差が出てしまう場合があります。
カウンセリングによって、写真などによる出来上がりの確認がある程度あった方がお客様が思う「似合う」に近づくと思います。
ファッション、ヘアスタイルは時代性やお客様の個性が反映されます。
10代や20代では流行しているモノを着たり、ヘアスタイルを真似したりすると嬉しかったり楽しかったりしたと思います。
最初はみんなと同じであることが大切であった時代から、少しづつ自分らしさを追求していくものです。
卵型の顔立ち、丸顔、面長、可愛い系、美人系、イエロー系の肌とブルー系の肌。
そんなお客様の「似合う」を見つけるには、美容師さんとの1、2回程度での短期的なことよりも、ヘアスタイルを「育てる」的な付き合いが大切な気がします。
例えば、「ボブ」でもラインが水平なボブ、前の方が短いデザインのボブ。
毛先のニュアンスが内巻きだったり、切りっぱなし、外はねのニュアンス。
頭の形がゼッペキであれば、グラデーションによる立体的なスタイル。
顔周りに軽さを出すレイヤーをプラスしたり。
身長による長さの見られ方、髪質によるヘアスタイルへの影響。
必要であれば、カールをプラスをしたり、顔周りをストレートにしたり、顔の表情を明るくするため、ハイライトを入れたり。

今どきデザインのためのクセ毛対応術

動きと抜け感のあるデザインが求められている今、美容師のクセ毛への対応は変化しています。
以前のように、クセ、イコール「まっすぐに伸ばす」だけでなく、カットで活かしたり、部分的にストパーをかけたりするなど、クセ毛へのスタンスは様々。
「ストパー」「カット」「部分ストパー」「パーマ」、クセ毛をデザインし似合う髪型を考えます。

感動する前髪・顔周り

お客様たちが毎日鏡でチェックし、気にするのが前髪&顔周りデザイン。
わずかな差で、顔の見え方が大きく変わるため、お客様がもっともシビアに美容師のデザイン力を見極めるところでもあります。
その一方で、美容師は、前髪のデザインがパターン化していたり、当たり障りのないデザインしか提案できていないことが少なくありません。
お客様がもっとも気にしている部分だからこそ、感動させられるような提案が大切です。
お客様一人ひとりにフィットする、前髪&顔周りを提案します。

Posted by styleskoenji