ソフィア・コッポラ Sofia Coppola

ソフィア・コッポラ ブリングリング

セレブの豪邸が立ち並ぶ高級住宅街カラバサス、華やかな生活に憧れを抱くニッキーら5人の少年少女たちは、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームなどセレブの豪邸をインターネットで調べ、留守宅への侵入と窃盗を繰り返していた。
それはほんの悪ふざけのつもりだったが、やがて彼らは後戻りできないところにまで足を踏み入れてしまう。

ヴァージン・スーサイズ The Virgin Suicides

70年代のアメリカ郊外の町で起こったある一家の悲劇を、ほんの少しのユーモアとポップな映像で女性ならではのキュートな作品に仕上げたソフィア・コッポラの長篇デビュー作。
ところどころにちりばめられたビージーズや10CC、キャロル・キングといった70年代を代表する懐かしのナンバーも心地いい。

ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation

ハリウッド俳優のボブ・ハリス(ビル・マーレイ)は、ウィスキーのCM撮影のために来日する。
慣れない国での不安感を感じるボブは、東京のホテルに到着した翌朝、エレベーターで若いアメリカ人女性、シャーロット(スカーレット・ジョハンソン)と乗り合わせた。
彼女はフォトグラファーの夫ジョン(ジョヴァンニ・リビシ)の仕事に同行してきた若妻で、やはり孤独と不安に苛まれていた。
やがて2人は、ホテルのバー・ラウンジで初めて言葉を交わし、親しくなる。

ソフィア・コッポラ Sofia Coppola

cinema

Posted by styleskoenji