『ダンサー、セルゲイ·ポルーニン )(Sergei Polunin)世界一優雅な野獣』

ハワイの陽光射し込むガレージで、ホージアの名曲「Take Me To Church」に合わせて美しく舞う。
ダンサーのセルゲイは、19歳で英「ロイヤルバレエ団」史上最年少のプリンシパルに就任。
数多の演目で人々を魅了するも、人気絶頂の最中に自主退団する。
彼が求めるのは名声ではなく、離散した家族とのふつうの暮らしであった。
息子の才能を伸ばすための選択をした両親と対話し、思いの深さに気づく。
そして彼は舞台に戻る。
愛の意味を知った鬼才は最強だ。
ホージアの曲に合わせて踊る映像はYouTube で公開中。
出演:セルゲイポルーニン 監督:スティーヴン·カンター「Take Me To Church』演出撮影:デヴィッド,ラシャベル

ダンサー、セルゲイ·ポルーニン )(Sergei Polunin)世界一優雅な野獣

cinema

Posted by styleskoenji