1980年代 ファッション an・an

home>culture>1980年代>1980年代 ファッション an・an

雑誌 「an・an」 1984.12.14

変身してみたいな。そうすればこれまでとは全然違う魅力、発揮できるのに、なんて思っちゃう。でも、今までの自分をすっかり変えちゃうのには、すっごく勇気あるし、やっぱりかなりの難事業。昨日までのニュートラルさんが、一夜明けたらツンツン頭でブランド物を颯爽(さっそう)となんて、ちょっと無理があるもんね。でも、自分なりのおしゃれ路線を、ずっとずっと延長していけば、きっとそこには、今とは違う自分が輝いているはず。というわけで、タイプ別、ちょっぴり、少しずつのステップ式変身術。初めはたいして変わり映えしなくたって、次、次、次と進むにつれて、いつの間にか”別の自分”に大変身。これには、まず自分のおしゃれタイプをしっかりと見極めることが肝心だ。読者代表の4タイプ、「カジュアル」「トレンディ」「モノトーン」に「ハデハデ」。さて、あなたは。

ボーイッシュなカジュアル派

古着が大好き。だって、高い服なんて買いたくないもの。ブランドでも「D・グレース」みたいにトラッドな感じなら。女の人より男の人が着ているモノ、気になりますね。背が低いから、ヘアスタイルは重くならないように気を付けて。今、欲しいのは「身長」「受験合格の知らせ」それと「自由」。ケーキ作りに凝っているんです、この頃。吉川晃司さんのファン。彼って今までにないタイプでしょ。好きな色は紺、嫌いなのは紫。
万奈さん 18歳(学生)

そこそこトレンディ派

「MOGA」と「ISEEY」の服が多いですね。基本的には「あるものを着ていく主義」、山口小夜子さんみたいに「KANSAI」を着れたならぁ。なんか気持ち悪いけど好きなんです、泉谷しげるさんが。今一番気に入っているのは母からもらったアンチックのニット。メークはほとんどしません。カフェバーとかあまり好きじゃないです。肩が凝っちゃって。赤とか原色も好きなんだけど、着こなす自信がなくて。
美和子さん21歳(学生)

目指せ「Y’S」「ギャルソン」派

思いっきりショートかうーんと長いの、どっちかにしたいな。山本耀司さんか川久保玲さんの服、一度は着てみたい。服に使うお金?うーん、多くて月に10万円ぐらいかな。どーしてもパリに行ってみたい。ロバート・デ・ニーロやJ・マイケル・ビンセント、大好き。遊んでばかりいる大学生の男いるでしょ、あーゆーの大嫌い。今年は”みどり”がなぜか新鮮です。今、忘年会に向けて一生懸命物まねを練習中。
カレンさん20歳(モデル)

おしゃれ本物のハデハデ派

一年のうち2か月くらいなぜか大人っぽい恰好がしたくなる。帽子が大好き。特にいけない時以外は毎日かぶっています。好きなのは紫、ブルー、濃紺。でも、赤やピンクは苦手。今、興味があるのは「J・P・ゴルチエ」、センス抜群!だもん、映画は月に5,6本。昔は封切、全部見ていました。私のわがままを理解してくれる人が理想です。同じ服でも、アクセサリーや小物で違う風に着こなせたら。
洋子さん19歳(ハウスマヌカン)