ヴィダル・サスーン・ザ・ムービー

彼は60年代には前衛的なヘアスタイリストであり、ファイブポイントカット(幾何学的なボブカット)を生み出しました。
ヴィダルは、髪を素材として捉え、布を切るようにハサミを使用したヘアーアーティストのパイオニアで、1960年代の美容界に大革命を起こした国際的なヘアケア界の権威にあたります。
世界的ヘアドレッサーであるヴィダル・サスーン。
現在80歳を越える彼の波乱万丈な生い立ちから、世界的な名声を得るまでを描いたドキュメンタリー作品です。
ミニスカートを商品化したデザイナーとして有名なマリー・クワントも登場します。
クラシックなカールヘアが女性の当たり前だった時代に、オブジェか彫刻のようにアーティスティックなヘアを提案。
ヘアを単なる髪型から、クリエイションまで発展させたのはサスーンが初めてでしょう。