いつの時代も映画にはカルチャーやファッション・ヘアスタイルなどのヒントがたくさん詰まっている。アニーホールやバクダッド・カフェ、パリテキサス。名作と言われるものは時代と地域、性別を超え心に深く突き刺さる。

cinema

Sergei Polunin セルゲイ·ポルーニン

ハワイの陽光射し込むガレージで、ホージアの名曲「Take Me To Church」に合わせて美しく舞う。
ダンサーのセルゲイは、19歳で英「ロイヤルバレエ団」史上最年少のプリンシパルに就任。
数多の演目で人々を魅了す ...

cinema, creator, culture

Stanisław Szukalski スタニスラフ・ズカルスキー
『ズカルスキーの苦悩』

「“人間は量と質の間で苦悩する”という言葉に、ガツんとやられました」。
と、熱を帯びて話すのはアニメーションアーティストの山田遼志さんだ。
社会の不条理を巧みに描く作風が評判を呼び、King Gn ...

cinema

バーバレラ Barbarella 1962

女性宇宙飛行士バーバレラは危険な装置を開発したデュラン・デュランを捕まえる任務に就く。
そこに様々な困難が。
’67年 原作:ジャン=クロード・フォレ 監督:ロジェ・ヴァディム 出演:ジェーン・フォンダ

cinema

サイレント・ランニングSilent Running 1972年
宇宙ロボット それまでになかったロボットのフォルムと動きを叶えた作品。

地球上の植物が絶滅し、宇宙船内のドームのわずかな緑を守っていた乗務員にも帰還命令が下る。
植物学者のフリーマン・ローウェルだけはそれに反して、ロボットたちと ...

cinema

ダーク・スター Dark Star 1974
SWを象徴するワープシーンは、 この作品から生まれた。

21世紀半ば、人類は地球から宇宙に新天地を求めていた。
移住者のため、不安定惑星を爆破する任務に就いた4人。
いつ地球に帰れるとも知れない日々の中で事件が起こる。 ...

cinema

スターウォーズ Star-Wars-Empire-Strikes-Back-V-Poster








1977年の 『スター·ウォーズ』で活躍することになる特撮 マンやクリエイターが、まだ無名だった70年代前半。
それは、SWの誕生を予言するような時代でした。 ...

cinema

1963年にフランスの国営ラジオ/TV局の建物として建設され、1975年にラジオ局専用となったメゾン・ド・ラジオ・フランス。
『すべての些細な事柄』や『ぼくの好きな先生』で知られるドキュメンタリー作家ニコラ・フィリベール監督が ...

cinema

ニコラ・フィリベール Nicolas Philibert かつて、ノルマンディーで Retour en Normandie

ニコラ・フィリベールが自身の原点を見つめ直し、ノルマンディーの農村たずね、そこに暮らす人々の人生のドラマを紡ぎ出す。
ノルマンディーの農村。
そこに暮らす人々は30年前にある映画に出演したことがあった。
19世 ...

cinema

ニコラ・フィリベール Nicolas Philibert ぼくの好きな先生 Etre et avoir

教育というものを見つめ直させるドキュメンタリー作品
「音のない世界」で、「すべての些細な事柄」など一貫して人間や自然をテーマとしたドキュメンタリー作品を撮り続け、世界中で多くの喝采、受賞を受けている映画監督 ニコラ・フィリベー ...

cinema

ニコラ・フィリベール Nicolas hilibert,すべての些細な事柄 La moindre des choses (1997)
僕たちの舞台のネタバレあらすじ:台本のない演劇

ストラスブールの国立演劇学校のとあるクラスでは、15人の生徒が集まり、台本のない劇を作ろうとしていた。
学校のあるストラスブールの街をテーマにしたが、15人それぞれに調べて見つけて ...