T2 Trainspotting トレインスポッティング2



T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting

1 イギー・ポップ – ラスト・フォー・ライフ(ザ・プロディジー・リミックス) / Iggy Pop “Lust For Life (The Prodigy Remix)”
2 ハイ・コントラスト – ショットガン・マウスウォッシュ / High Contrast “Shotgun Mouthwash”
3 ウルフ・アリス – シルク / Wolf Alice “Silk”
4 ヤング・ファーザーズ – ゲット・アップ / Young Fathers “Get Up”
5 フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド – リラックス / Frankie Goes To Hollywood “Relax”
6 アンダーワールド・アンド・ユエン・ブレムナー エヴェンチュアリー・バット(スパッズ・レター・トゥ・ゲイル) / Underworld and Ewen Bremner Eventually But (Spud’s Letter to Gail)
7 ヤング・ファーザーズ – オンリー・ゴッド・ノウズ / Young Fathers “Only God Knows”
8 ダッズ・ベスト・フレンド ザ・ラバーバンディッツ / The Rubberbandits “Dad’s Best Friend”
9 ブロンディー – ドリーミン / Blondie “Dreaming”
10 クイーン – RADIO GA GA / Queen “Radio Ga Ga”
11 RUN-DMC VS ジェイソン・ネヴィンス – イッツ・ライク・ザット / RUN-DMC vs. Jason Nevins “It’s Like That”
12 ザ・クラッシュ – ハマースミス宮殿の白人 / The Clash “(White Man) in Hammersmith Palais”
13 ヤング・ファーザーズ – レイン・オア・シャイン / Young Fathers “Rain Or Shine”
14 ファット・ホワイト・ファミリー – ホワイテスト・ボーイ・オン・ザ・ビーチ / Fat White Family “Whitest Boy On the Beach”
15 アンダーワールド – スロー・スリッピー / Underworld “Slow Slippy”

T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting

トレスポの90年代は、「70年代~80年代の空気をいっぱいに吸い込んだ90年代」なのである。使われていた音楽が90年代の音楽だけではなかったこと、それどころかフタを開けてみれば映画の中心を占めていたのは70年代、80年代の音楽であったことが、今となればなおさら大事なことに思える。もし「トレスポ」が「90年代の空気を~」なんていうキャッチフレーズでもって劇伴を当時の若手ミュージシャンで固めていた映画だったら、当時の成否はさておき、今こうして続編が作られることはなかっただろうと思う。「トレスポ」の音楽。ブラーそしてデーモン・アルバーン。デーモンと付き合っていたと話題にもなったヴォーカリスト、ジャスティーン擁するエラスティカ、そしてアンダーワールド。旬のアーティストは確かにいた。しかし彼らを大事に起用しながらもそれは入り口であって、その奥には70年代、80年代の名曲達が待っていたのだ。その重みが単なる流行りの映画を、時代を超える名作にまで押し上げたのだ。

T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting T2 トレインスポッティング T2 Trainspotting