グレイカラー剤の目的と使い分け

home>haircolor>grayhaircolor>グレイカラー剤の目的と使い分け

グレイカラー剤の目的と使いわけ

従来のグレイカラー剤は、一般的に白髪が30%混じった状態の髪を染めるように処方されており、多くはアルカリで高明度に脱色した後、濃いブラウン系の色素を入れていきます。それらは、白髪がしっかり染めることを優先して設計しているためです。
しかし近年は同じアルカリタイプのグレイカラーでも、8レベル以上に染まる高明度対応型も開発。

「従来型グレイカラー剤(7レベル以下に染まるアルカリタイプ)」

団塊世代以上の、ファッションカラー経験がない世代をターゲットとして開発された商品のため、「しっかり染める」ことが優先され、7レベル以下に暗く染まる。
団塊世代以上、白髪40%以上の方に、白髪が7レベル以下にしっかり染ます。

カラーチャート ウェラ deep

「高明度対応グレイカラー剤(8レベル以上に染まるアルカリタイプ)」

ファッションカラーで育った団塊Jr.世代向けに開発された新処方のグレイカラー剤。8レベル以上の明度でも白髪がしっかり染まる。明るさを求める今の30歳から50歳代のニーズに対応。
団塊の世代ジュニア世代、白髪40%以下の人に、白髪が8レベル以上にしっかり染まる。
カラーチャート ウェラ リッチ