80年代 「O・ D・ O・ B」や「ゴルチエ」センス見習いたい。

home>culture>1980年代>「O・ D・ O・ B」や「ゴルチエ」センス見習いたい。

雑誌 「an・an」 1984.12.14

「メイクコンテスト」ではグランプリ、「おしゃれスナップ」では仙台代表と、アンアンのコンテストではすっかり常連となった感じの佐藤さん。普通の人だったら、「むむっ」と思わず尻込みしちゃいそうな服でも、うまく自分のものにしてしまうかなり本格派のお洒落さんです。
「ブランドものに興味を持ちだしたのは、中学3年の頃かな。それまでの’50年代に飽きちゃって、なんか明るめの服が着てみたくなったんです。それで「VIVA YOU」の服を買ったのが最初でした」。それからは、「コムデギャルソン」に凝ってみたり、「スタジオV」に手を出してみたりして。そんなブランド巡りを経験してきて、今一番気に入っているのが「O・D・O・B」。「第一に色がきれいだし、シルエットも体系をスリムに見せてくれるような気がして。何かロンドンっぽい匂いがするところも素敵です」。
なかなかのおしゃれ上手なだけに、自分の好み、かなりはっきりしている。「シルエットはベーシックなもの。ジャケットだったらテーラード風のものとか、パンツでも多少の太い細いの違いはあっても基本的にはノーマルなもの、いかにもデザインしてます、っていう感じは苦手です」。型は抑え目な分、色は派手め。「好きなのはブルー系と紫。特に紫だったら、どんな紫でも揃ってます、と言えるぐらいバリエーションも豊富です」。
佐藤さんぐらいのお洒落さんなら、もうこれで十分、ていう気もするけど、まだまだ食わず嫌いなところ、残っているはず。というわけで「なぜか嫌い」というピンクや赤、「もらっても着ませんね」というデザインものに早速挑戦。
「本当に似合うのかな」といささか不安気な様子だった「ピンク×オレンジ」のコーディネート、「好きな色だけど、デザインがちょっと」と言っていたサルエルパンツや人魚姫のようなニットのスカート。いざ、着てみたら。
さすがにおしゃれ上手、うまく自分なりに着こなして。「こういう機会でもないと、やっぱり似合わないという先入観のあるものには手が出ませんね。これからはもっといろりろ挑戦してみなくては。特に「J・P・ゴルチエ」あたりに」。こうなればもう、まさに怖いものなし。