1980年代 Y’S コム・デ・ギャルソン ラフにこなせたら最高

home>culture>1980年代>Y’S コム・デ・ギャルソン ラフにこなせたら最高

雑誌 「an・an」 1984.12.14

「コムデギャルソンとか、Y’S、着てみたいんです。いつもお店行っても見るだけ触れるだけ。試着までいかないんです。どうも躊躇しちゃって。自信ないんです」。
1年半のキャリアを持つモデルさんです。
学生の頃からファッションが大好き。
といっても、「実家が横須賀だったせいか、近所にサーファー風の店が多くて、自然サーファールック。その後はジーンズにダボっとしたセーターのどちらかと言えばイタカジ風かな。で今も、基本はカジュアルなんだけど、最近ガラッと変えてみたくてしようがないんです。一気に「Y’S」「ギャルソン」風って感じに」


ワードローブに急に組み込んでもコーディネートしづらいんじゃないかな、とか、ほかのブランドの服との相性はどうなのかしら、とこれまでとびつけないでいた理由はアレコレあるけれど、「いざ着るとなると、外見的にというより、精神的についていけなさそう」
というのが最大不安要素らしい。
ん、わかる!それじゃ、背伸びしないで「コムデギャルソン」や「Y’S」の入りやすいブランド「トリコ」とか「ワークショップ」からならどう?いけそうじゃない?
「気分からすると、地ならしして徐々にこなす、というより一気にいってみたいんですよね。イメージからすると黒でしょ。黒は自分に合わない気がして。黒でも水玉とか学生っぽいものなら「コムサ・デ・モード」のを割と買ったりしてたんだけど、ソックスを3つ折りにして履くような学生っぽい感じも好きなんです。支離滅裂かな」
撮影の日に着てきた服、ジャケットはY’Sのもの。知り合いのスタイリストからもらったとかで、「この茶色のジャケットもひとつこなせないままなんです」と。
ともあれ、迷う前に着こなしちゃえとばかり、分量のある黒や光る素材を取り込んでの組み合わせ。
モノトーンのアイメークにマットな唇、ウェットにしたヘアスタイル、サングラスに帽子。
小道具にシチュエーションが揃って、ほら、こんなに自分らしく黒を着こなして。
最後に一言、「潜在的にこんな雰囲気にひかれてたんですね。なんだか病みつきになりそう」