1980年代 ボーイッシュなカジュアル。

home>culture>1980年代>1980年代 ボーイッシュなカジュアル。

雑誌 「an・an」 1984.12.14

色の組み合わせで遊んでみたいな。古着がだーいすき。どうもブランドものはなじめません。
少年ぽくて、ちっちゃくて、それでもって無口(ホントかな)。
おしゃれスナップ札幌編に登場、審査会でもその男の子?ぶりが好評だったの、覚えてますか。
ジャケットにジーンズがこんなに似合ってるなんて、とうらやましがる人もいたほど。
「普段は古着がほとんど。学生だからおこづかい少ないし(洋服に使えるのって、月1万5000円程度なんですよ)。今、欲しいなって思うのは「D・グレース」や「ニコルクラブ」などのトラッドっぽい上物。髪切る前の長かった時はダラーっとしたスカート履いてたこともあるんですよ。でも髪刈り上げにしたあたりから、男の子のファッション気になって、意識しだした。で格好もボーイッシュに。色は紺系統が多いかな。地味な色目のものが多いけど今年はピンクなどの明るい色のセーターも着てみたい。自分に合っているかっていうのが選択ポイントです」

どうやら自然に選ぶと、男の子っぽいものばかりにってタイプらしいのです。
カジュアル派ってとこかな。
確かにチープシックの古着ファンにオシャレさん多いけど、色を楽しんだり、コーディネイトを楽しんだりって人、まだまだ少ないみたい。
どうしてもハツラツとした感じや元気いっぱいな様子が見えてこない。
惜しいよね。
他の人があまり持ってないってだけで安心して、古着を着るってことだけで満足している、そんな感じ。
でも古着の世界にチンマリおさまってちゃ、おしゃれ、広がりません。
そこで中村さんの感覚でブランド体験してみます。
「札幌でもI・SとかATSUKI ONISHIは結構見に行ってました。きれいな色も着てみたかったし。「45RPM」や「BASSO」も近い線かな」
いつか「Y’S」や「コムデギャルソン」なんかも着てみたいけど、まだずーっと先の事って思ってる。
軽く羽織った「ワークショップ」の茶色いコートにも大人っぽいんじゃないかな、と不安気です。
「ブランドモノって食わず嫌いのとこあったみたい。でも予算さえ合えば、いいなって気に。ジャケットなら1万円前後、パンツなら6千円位、シャツなら5千円と目安決めてるんです。ブランドものって名前がド~っと入ったのよくあるでしょ。あれは絶対ダメ。死んでも着たくない」とガンコです。