マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006



マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006

古典作品のシナリオを映像化するに際し、現代の合奏を組み合わせて演出する手法はディカプリオ主演の華麗なるギャッツビーでも効果を実証しているが、ちょいと顔見せるコンバースなどプロップの細部までこだわる辺りにソフィア・コッポラの巧妙さが伺える。
さらに一連作品に通底する澄んだ光と空気は、題材が狂った女王であろうともその姿を否が応にも美しく描写する。

マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006 マリー・アントワネット Marie-Antoinette 2006