HENNA COLOR ヘナ・カラー 



ヘナってどんな植物?
ヘナ(ヘンナ)は、ミソハギ科の植物で学名はLawsonia inermis。日本では「指甲花(シコウカ)」または「ツマクレナイノキ」と呼ばれてきました。
インドでは古来から薬草として親しまれて、アーユルヴェーダ(伝承医学)の代表的なハーブとされてきました。
インド、北アフリカなどの乾燥した地域に育ち、木は高さ3~6メートルほどにまで成長します。芳香のある白や薄紅色の花を咲かせるのも特徴です。

ヘナ・カラー

ヘナの染め方①
ヘナは草木染めと同じ仕組みで染まります。
植物の色素で染めるので、優しい染め上がりです。
ヘナの葉には、ローソンという赤色酵素色素が含まれています。ローソンはタンパク質に反応してからみつき発色する性質があります。人の髪はもちろん、肌や爪も染まります。
古来では、クレオパトラが爪に塗っておしゃれを楽しんだり、ウールで出来たペルシャ絨毯などの赤い染色にも使われてきました。
このローソンが、髪のキューティクルのすき間から浸透し、毛髪の97%を構成するケラチンというタンパク質(毛皮質)にアメ状に絡みつくことで髪が染まります。
ヘナの葉を乾燥・粉末にしたものをお湯に溶いて髪に塗ります。
ヘナのみだと白髪はオレンジ色にしか染まりませんが、藍色の色素をもつインディゴ(ナンバンアイ葉)などを加えることで2種類の色素が重なり、濃いブラウンに染まるようになります。

ヘナカラー 染め方

ヘナの染まり方②
ヘナは植物の色素で穏やかに染める「草木染め」であり、元の髪色に重なって染まる仕組みです。ご注意いただきたいのは合成のヘアカラー(化学染料)と染まり方が違うこと。
ヘアカラーで染める場合、全体をブリーチしながら染めるので白髪も黒髪も均一に同じ色に染まります。しかし、ヘナは植物成分の為、そうはいきません。白髪の部分だけがメッシュ状に染まり、黒髪は色によっては暗く重なります。これはヘナにブリーチ作用がない為に起こること。ヘナの色選びで失敗しないポイントは、きちんと白髪の割合に合わせて色を選ぶことです。
白髪の割合が少ない方は明るい色のヘナ、白髪の割合が多い方は暗い色のヘナをお選びいただくと、染まりが美しく仕上がります。

ヘナカラー染め方

ヘナの染まり方③
ヘナの、本当の良し悪しというのは、ヘナで染めた直後ではわからないと言われます。
ヘナ染めは自然染めで生きています。
ところがヘアドライヤーで高温にして加熱すると、ヘナは高温に弱い為、ヘアドライヤーで瞬間でも高温にさらされると、ヘナの色素はそこで死んでしまい、色の深化が起こりにくくなります。
ヘナは自然乾燥させたほうが色素が深まります。
5時間~程度、湿らせながら半乾きの状態で放置することで、色が深化します。

ヘナカラー インディゴ

万能のトリートメント効果
ヘナ(ヘンナ)は植物性で体にやさしく染めるだけでなく、自然のめぐみがもたらす素晴らしい効果があります。インドのアーユルヴェーダ(伝承医学)では薬草として伝えられてきたハーブですので、人々の生活の中に根付き、様々な場面で役立てられてきました。

髪のタンパク質を補修する効果により、ダメージを補修し、髪内部の保水力を高める作用があります。また頭皮にやさしく作用し、毛穴を掃除したり、頭皮をみずみずしい状態に導く効果があります。

ヘナカラー

ヘナの染毛力は、ヘナを水に溶かした後、1時間~3時間がピークです。

ヘナカラー 染毛力

ヘナの染毛には、実は酸化プロセスがあります。
空気に触れて酸化することで、ヘナ特有の赤オレンジ色発色が、赤銅色に色を深めます

ヘナカラー 時間 色の深まり

ヘナ+インディゴ

ヘナはどこで購入するかがとても重要です。
なぜなら、「100%天然のヘナ」と言われている商品であっても、「化学染料」が入っている場合があるからです。
ヘナで髪を染めるとオレンジ色になります。
ファッション感覚で、そのオレンジ色を楽しむ人もいますが、「オレンジ色になるのは嫌だ…」と思う人も少なくありません。
そこで、「青色の色素」を持っている「インディゴ」という植物があります。
青色のインディゴと、オレンジ色のヘナを混ぜることで、ブラウン色を作ることができます。
混ぜる量によって、明るめのブラウン〜暗めのソフトブラックまで調合されています。
自分で調合するのは難しいので、あらかじめ混ぜて販売されているものがオススメです。
それぞれのメーカーでお好きな色を選んでください。

ヘナ インディゴ



ヘナカラーのメリット とデメリット

•メリット
「頭皮」と「髪の毛」を傷めない
「化学染料」で染めた髪でもヘナカラーはできる
「自宅」でも気軽に染める事ができる
コンディショニング効果がある

•デメリット
染める時間が 1~3時間くらいかかります。
白髪染め後2〜3日は色落ちしやすいので、白い服は避ける
黒髪を明るくすることはできない
色味が濃くなるまで何度か染める必要がある
メーカーによっては「化学染料入りのヘナ」もあるので選び方が重要
「パーマ」と併用する場合は、先にパーマをかけておきましょう