白髪染め トリートメント効果



天然成分の白髪染めでトリートメント効果の高い、無添加のものを

最近は、無添加や天然成分、植物染料100%など、安全性が高いことを全面に打ち出している白髪染めが増えています。
それもそのはずで、市販されている白髪染めには、化学成分や添加物を始めとして、刺激の強い成分が配合されているので、 髪へのダメージや頭皮トラブルが後を絶たないからです。
自然派志向、オーガニック志向の方が増えているということもあって、出来るだけ人体に影響を与えないように、 無添加にしたり、天然成分を使用している白髪染めが増えているんですね。
しかし、無添加や天然成分、植物染料100%という白髪染めでも、かぶれや湿疹などのアレルギー症状が出てくる方がいるようです。
どうして、悪いものが入っていないのに、アレルギーの症状が出てしまうのか。
それは、無添加という表記にからくりがあること、そして「天然成分=安全」ということではないからです。
例えば無添加という表記については2001年まで厚生労働省に指定されていた、人体に害のあるアレルギーを起こす可能性のある、102種類の物質を添加していないということなんです。
つまり、無添加と言っても、表示指定成分以外の保存料や防腐剤など昔の表示指定成分が使われていないだけで、合成化学物質が使われていることがあるんです。
そのため、無添加とうたっている白髪染めでも、かぶれることがあるんですね。
ですから、安全性の高い白髪染めを選ぶ時は、無添加ということより、どんな成分が入っているのかをチェックすることが大事なんです。
今は、全成分表示が義務づけられていますから、商品にどんな成分が入っているからわかります。

白髪染めアレルギーって何?
でも、自分で白髪染めをする場合には、ひとつ気を付けなくてはいけないことがあります。
それは、パラフェニレンジアミンという物質です。
このパラフェニレンジアミンは、市販の白髪染めにはほとんど入っていると言っていいでしょう。
しかし、パラフェニレンジアミンはアレルギー物質ですから、アレルギーを持っている人はもちろん、そうじゃない人も充分注意しなくてはいけません。
パラフェニレンジアミンを使用することによって、アレルギーを発症させてしまうこともあるんです。
だから、パラフェニレンジアミンは体に悪いと言わるんですね。
パラフェニレンジアミンに体が反応すると、アナフィラキシーショックというアレルギー反応が発症するかもしれません。
アナフィラキシーショックの症状は人によって違いはあるものの、かゆみが出たり、皮膚がかぶれたりというのが一般的な症状になります。

パラペンって体に悪いの?
化粧品などにも含まれていることあり、有名な化学成分ですが総して「パラベン」と呼ばれています。
このパラベンですが、正式名称を「パラオキシ安息香酸エステル」といいます。
これは防腐剤の一種で、殺菌防腐剤として白髪染めに配合されているんですね。
パラベンの役割は、白髪染めに配合されている成分が腐らないようにすることです。
腐るといっても食べ物が腐るのとはちょっと意味が違っていて白髪染めに使われるパラベンは、白髪染の成分を安定させるために配合されているんです。
というのも白髪染め(あるいは化粧品)に配合されている成分のなかには、温度などの影響を受けやすく、パラベンで安定させないと変質してしまうものがあるからです。
白髪染めでいうと成分が劣化・変質することは染めの効果が低下してしまうことを指します。
それを防ぐためにパラベンは染め剤の効果を持続させるために配合されているということです。
そんなパラベンですが、人によっては刺激になる成分の一つなので皮膚炎などのアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。
アレルギーは、体質はもちろん、体調などで引き起こされることもあるので、今まで問題がなかった人でも突然アレルギーを発症する可能性もあります。
少量のパラベンが体に吸収されても、すぐに体に悪影響を与えることはありません。
しかし、それが蓄積していけば、アレルギー体質に変わっていってしまう場合もあるんです。
以上のような理由があることから、「パラベンフリー」と言って、パラベンを含まない商品が安全といわれているんです。
敏感肌の方やアレルギー持ちの方は注意したいところです。