チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY



チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY

ティム・バートン作品のサウンドはその世界観を忠実に再現するが、独特さゆえ音単体としても非常に魅力的だ。
今作でいうウィリー・ウォンカの工場で働くウンバ・ルンパの音楽は、世界のどこでもない民族音楽として塑像力を掻き立てられ、既成の価値観に不意打ちをくらわす。
つまり、音楽とは形而上の思想を優に超えることのできる、数少ない表現方法なのだろう。

チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY