阿佐ヶ谷、高円寺界隈は、大正末期から昭和初期にかけて多くの作家や文学者が移り住み、今も昔も、成功者も夢追い人も、多くの文化人たちに愛されてやまないエリアです。

高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術

home>高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術>

フレンドリック・ブラウンの小説に、ある男に見知らぬ差出人から毎日手紙が届き、それによって次第に人生が変わっていく、というのがある。
私もまた、そうした ...

高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術

home>高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術>

天井桟敷の公演『地球空洞説』は1973年の8月杉並区高円寺南の公園にて街頭劇として上演されていた。
私は、ボルヘスの「伝記集」の愛読者だが、ボルヘスは ...

高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術

home>高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術>

市外劇「ノック」の戦略
1975年4月19日、杉並区一帯を用いて上演された市街劇「ノック」はちょっとしたスキャンダルとなった。
当時の新聞を見 ...

高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術

天井桟敷 寺山修司

home>高円寺・阿佐ヶ谷の歴史・ 文化・ 芸術>

僕が芸術を愛し始めたのは「寺山修司」という人物に出会ってからです。
彼は青森で生まれ、幼少より7・5調で会話をし、演劇・コラム・詩を通して言葉の達人に ...