その時代にとって、必要から生まれた人間の心の結晶だと思う。

culture

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

2017年8月7日月曜日、乃木坂にある国立新美術館に行きました。
僕の大好きな彫刻家、ジャコメッティーを見る為です。
ジャコメッティーの作品は一般受けするような作品ではないと思います。
しかし、見学に来ている方 ...

culture

Banksy バンクシー

バンクシーの最大の問題点は、その作品や活動のクオリティの高さです。 ある意味天才的ないたずら心や、皮肉心を絶妙な場所に作り上げます。 はじめは警察や市はバンクシーを追い、一部の若者はバンクシーを褒め称える ...

culture, photography

Noir et blanc 白と黒の断想

Noir et blanc 白と黒の断想

本田メグミさん美意識は本当に好きです。
自分自身のヘアスタイル・ファッション・写真、すべてにおいて一貫しています。
今の時代、情報が錯乱する中で一つ ...

culture

マームとジプシー 書を捨てよ、街へ出よう

マームとジプシー主宰/演劇作家 藤田貴大
同じ北海道出身というルーツを持っているだけでなく、若手と言われる劇作家の中で、何度も劇に足を運ばせていただいているマームとジプシー
2016年、神奈川芸術劇場で寺山修司戯曲 「 ...

culture

もしも僕が自分のために何かしようと皆に声をかけようものなら たちまち皆は僕を追い出してしまう
例えば僕は 鬼ごっこの鬼だ
僕が追いかけると笑いながら皆は逃げてゆく
子供の頃 赤い夕焼けの路地を追いかけっこしてい ...

culture

天井桟敷 紙上呼び込み
さあ、さあ、お立合い!
これからお目にかけますルは、悲しい男の物語
親の因果がこの報い
という口上では始まる見世物は、私の少年時代のあこがれの的であった
七草のころ、天幕 ...

culture

演劇零年・理性とは二流の狂気である。
桜散る散る癩狂院に 姉さん殺した斧一本 血まみれの書簡の 法医学。
文法違反の詩人と少女が乗り込んだ<阿呆船>銅羅だ!汽笛だ!心臓だ!

渋谷区渋谷3-11-7にあった演 ...

culture

葛飾北斎

2017年3月 休日を利用して両国にある「すみだ北斎美術館」に行ってきました。
平日火曜日ですが多くの人が来館していました。
僕自身、浮世絵はあまり理解がありませんでしたので、現物を見るのは初めてでした。
葛飾 ...

culture

1960-1977,群馬県高崎市生まて、17歳の彼が自宅の2階でエレキギターに感電死して亡くなっていました。
画家であり、詩人だった、かまちは、言葉と絵を残して短い人生を走り抜けた。
かまちの死後、母親がかまちの部屋の ...

culture

森琴音

言葉は人に勇気を与えたり、傷ついた心を癒したりしますが、ときに鋭い鋭利なガラスのように人を貶める。
芸術とは一人の人間の内なる想いが見える形に現れるものだと思います。
産経新聞夕刊1面に毎日掲載している“夕焼けエッセー ...