cinema

BAGDAD CAFE バグダッド・カフェ

home>cinema>BAGDAD CAFE バグダッド・カフェ

言うまでもなく、たった一曲が全編を包み込むサントラとして成立している。
ジュヴェッタ・スティールの歌う「Calling You 」

cinema

グラン・ブルー Le Grand Bleu

home>cinema>グラン・ブルー Le Grand Bleu

生涯10本の映画しか撮らないと宣言していた若かりし頃のリュック・ベンソン作品は、すべての音楽がエリック・セラによるもの。
北野武と久石 ...

cinema

ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE 

home>cinema>ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE

男の生き様がこうも Let’s get lostであるならば、どんな人生も映画になりえる。
自堕落で排他的。

cinema

ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany's  Breakfast at Tiffany's

home>cinema>ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany’s

冒頭のオードリー・ヘップバーンがタクシーで乗り付けてショウウィンドウの前でコーヒーとクロワ ...

cinema

唇によだれ L'Eau a la Bouche

home>cinema>L’Eau a la Bouche 唇によだれ

通常は歌手とアレンジャーという立場でタッグを組むセルジュ・ゲンズブールとアラン・ゴラゲールが共作の形で担当 ...

cinema

ベティ・ブルー 愛と激情の日々 37°2 le matin

home>cinema>ベティ・ブルー 愛と激情の日々 37°2 le matin

人生は様々で、映画はその現実も空想も夥(おびただ)しい数を生み出してきた。
そこにある音楽もしかり。
つまり、 ...

cinema

No Image

home>cinema>ジャン=リュック・ゴダール  Jean-Luc Godard

〉映画の権利ばかり言われ、映画の義務が省みられていないからだ。
映画には絵画や文字に与えられているような役割を与えら ...

cinema

No Image

home>cinema>ジャン=リュック・ゴダール  Jean-Luc Godard

映画はその役割を果たす術を知らなかった

インタビュー
〉即座に二人の映画作家を取材したいと思い

cinema

Egon Schiele エゴン・シーレ 

home>cinema>エゴン・シーレ 死と乙女 Egon Schiele: Tod und Madchen

2017年3月 渋谷の文化村でエゴンシーレの映画を見に行きました。
彼の絵は前から知っていて ...