ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE

ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE 

男の生き様がこうも Let’s get lostであるならば、どんな人生も映画になりえる。
自堕落で排他的。
光り輝く才能を惜しみなく汚してしまうリスキーな生き方はそう簡単に真似できるものではなく、だからこそチェット・ベイカーはいつの時代も憧憬の対象だ。
復活後の「My Funny Valentine」に目が潤むのは、イーサン・ホークの迫真の演技によるところだろう。

ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE  ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE  ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE  ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE  ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE  ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE 

ブルーに生まれついて Born to Be Blue

クリックでユーチューブに移動します。

cinema

Posted by styleskoenji